Column

安全な水銀アマルガム除去

おおはし歯科クリニック

 

世界中で使われてきた便利な歯の詰め物

 

「削ったその日に銀歯が入る。」便利な材料があります。液体状のある金属に錫や銀などの粉末を混ぜた練り物状のものを歯の穴に詰めると数分で固まってくれるものです。

それを「アマルガム」と呼びます。治療回数も1回ですむので歯医者にも患者にとっても便利なものでした。 しかしアマルガムには大きな問題がありました。

 

その問題とは?

 

「液体状のとある金属」とは水銀だったのです。

体温計などに使用されていることからも分かるように、水銀は常温ですと液体です。水銀の害というと真っ先に思い浮かぶのが水俣病です。

公害病としては最大級のものでした。原因物質は魚介類に含まれたメチル水銀でした。

アマルガムの材料である水銀はメチル水銀でなく無機水銀であり人体には害が無いという意見もありますが、無機水銀でもかなりの害があることが明白になってきました。

 

水銀は健康被害をもたらす

 

アマルガムには充填する当初は水銀が高濃度(約50%)含まれています。

アマルガム中の水銀は少しずつ溶け出して口腔粘膜や消化管から体内に吸収され、頭痛・胃腸障害・腎臓機能低下・腰痛・関節痛・皮膚炎など様々な健康被害を引き起こします。

健やかな日常生活を安心して送るためにも、できるだけ早くお口の中から水銀を始めとする有害金属を取り除きましょう。

おおはし歯科クリニックでは院長が独自に開発した方法で安全に安心して水銀アマルガムの除去を受けることができます。

 

水銀アマルガム除去のポイント

 
   

(1)アマルガムの削りカスを完全にシャットアウトする

 

水銀アマルガム除去の方法は歯科用のドリルで削り取ります。

その際削りカスが口の中の飛び散り、粘膜に張り付いたり、そのまま飲み込んでしまい水銀を大量に体内に取り込んでしまうことになります。

その結果、急性の水銀中毒を起こす場合があります。かといってラバーダム(歯にかけるゴムのシート)だけでは大量に水銀が漏れてしまいます。

そうするとラバーダムが装着してあるために口の中に散乱したアマルガムの削りカスを吐き出すこともできず飲み込んでしまいます。

おおはし歯科クリニックでは、従来のラバーダムに加えて、ラバーダムの内側と外側に特殊な材料で完全にシーリングするので水銀は口の中に漏れることが無く安全です。

 

(2)ガス化した水銀を鼻から吸い込まない

 

水銀の気化熱は70℃です。どんなに注意して冷却しても、歯科用のドリルで削るときの摩擦熱でアマルガムの表面は簡単に70℃を越えてガス化してしまいます。

ですからたとえ削りカスを遮断しても鼻から息を吸うときにガス化した水銀を体内に取り込んでしまいます。

肺から吸収された水銀は血管を通ってダイレクトに脳に取り込まれてしまいます。

おおはし歯科クリニックでは患者さまの鼻に特殊なガスマスクを装着することによって、水銀が呼吸器から体内に侵入するのを防ぎます。

 

(3)ガス化した水銀を室外に排除する

 

たとえ直接的な水銀の被曝をブロックしてもガス化した水銀が室内に充満していたらそれを吸い込んで体に取り込んでしまいます。

ですから水銀のガスが室内に広がらないような対策が必要です。

当院では、強力な口腔外バキュームを設置しているので水銀ガスが室内に充満することがありません。

 

(4)あらかじめ体内に必要な微量ミネラルを充足させておく

 

微量な必須ミネラル(トレースミネラル)が体内で充足していれば水銀等の有害なミネラルを受け付けにくい体になります。

アマルガム除去の一週間前ぐらいからトレースミネラルのサプリメントをあらかじめ摂っておきましょう。

また水銀を除去する当日には水銀を体外に排泄してくれるレメディーやサプリメントなどを、前もって摂ります。

 

(5)アマルガム除去が終わったら体内に蓄積している重金属を体外に排泄させます

 

体内に蓄積した水銀をはじめとする重金属は様々な健康被害を引き起こします。

また長年のあいだアマルガムが口の中にあったということは水銀が体内に蓄積しているということですから、水銀のキレーションをして初めてアマルガムを除去したと言えるでしょう。

安全なアマルガム除去の料金は除去後の 保険外の 高品位コンポジットレジン(グラディアダイレクト等)の充填とあわせて4万円~6万円(税別、金額の違いは充填物の面数による)となります。

 
  《Amazon》口の中に毒がある―その安全な除去法と健康回復
  《楽天》口の中に毒がある その安全な除去法と健康回復
 
PAGE TOP