院長あいさつ

 

大橋康之 DDS.

 

*歯科医師
(おおはし歯科クリニック院長)

当院では、人間の生理に寄り添ったバイオロジカルな歯科治療を提供しています。

西洋医学に加えて東西の自然療法を取り入れた【補完医療】を行います。

『歯』だけではなく、患者さま自身が健やかになれるホリスティックな歯科治療をめざします。

 

生理学的に身体が受け入れられる歯科材料を使う

 

身体に不具合が起こったとき それをサポートするための医療器具には、できるだけ身体の生理学的機能に障害を与えないような材料を使うことが大切であると考えます。そうすることによって、健康でいる事ができるからです。

「これは体に悪い!」とただ決めつけるのではありません。しっかりと検査やテストを行っていく事が重要です。当院では欧州で開発された新しい検査方法を使って原因を特定する事を可能にしています。

また、部分的なレントゲンと顎骨全体のレントゲンを撮影し、さらに必要な場合はCTスキャンを使って別の角度からも細かく診断してゆきます。

 

『歯』だけでなく『あなた』をみながら進めます

 

おおはし歯科クリニックでは「人間そのもの」をみる歯科医療を心がけています。人間全体、人間そのものをみる歯科医療をホリスティックな歯科医療と呼んでいます。

ホリスティックな歯科医療の特徴は、心・体・精神全体を丸ごととらえるということをしてゆきます。そして「全体」と「口腔と歯」の係り、「口腔と歯」と「全体」の係りをつねにバランスをとりながら治療を進めてゆきます。

具体的には、一人一人の体質を調べて一人一人に最適な材料と治療法をステップごとに体全体の反応を確認しながら丁寧に進めます。

また、人間をあらゆる分野、つまり栄養・筋骨格のバランス・経絡のバランス・自律神経のバランス・心のバランス・微細エネルギーのバランスなどを総合的にとらえて治療を進めてゆきます。

ですから、場合によっては栄養療法、心理療法、カウンセリング、オステオパシーなどのボディーワーク、エネルギーワーク、ホメオパシーやフラワーレメディー、鍼灸、漢方などを歯科治療に組み入れて行うこともあります。

そのようにホリスティックに治療を進めてゆくと、健康に害になるような治療を避けることができ、健康を害している要素をお口の中から取り除くことで健康を回復させ健康を増進してゆくことができるのです。

ご自分やご家族の心・体・精神の健康を大切にされていて、さらに増進してゆきたいとお考え、自分自身に特化したテーラーメイドな歯科治療を受けたいとお考え方々に最善な歯科医療を提供できることをお約束いたします。

おおはし歯科クリニック 院長 大橋康之

1988年東京歯科大学卒業、同年歯科医師免許取得
1998年~1990年都内総合病院付属歯科医院にて研修
1990年~1993年まで大橋歯科医院ににて勤務
1993年5月~ おおはし歯科クリニック開設

 

PAGE TOP