診療項目

代替医療

自然療法セラピー

当院では、治療の精度を高めるためヨーロッパの統合医療を取り入れています。歯科治療を終えてから、もしくは自然療法(フィシオエナジェティック)単体での施術も承っております。

人間を全人的・統合的に捉えるテクニック

この療法により、原因がはっきりしなかった不快症状や不定愁訴の、原因と対処法がわかるようになりました。ほとんどのケースでは、意外なところに原因が見つかります。

もっとも効果的に治療を進めることを可能にするこのテクニックは、統合医療・自然療法には、なくてはならない技術です。

東洋医学と西洋医学、ホメオパシーとアロパシー、様々な代替医療のテクニックを統合して治療を施してゆきます。

自然療法は多方向からのアプローチで

現在の日本では、自然療法というと「ある特定の分野のみに働きかけるもの」というイメージを持つ方が多いようです。

例えば、カイロプラクティックならば『身体構造』の分野、鍼灸なら『経絡』の分野、ハーブ療法なら『生体化学物質』の分野、フラワーレメディーやEFTやNLPなら『感情・心理』の分野、ホメオパシーなら『インフォメーション・エネルギー』の分野、ヒーリングなら『サトルボディー』という具合にです。

もちろん鍼灸の治療をして身体構造が改善されたり、カイロプラクティックの施術をして感情の問題が解決されたりすることもあるかもしれません。しかし問題点が明白になった場合、ダイレクトにその分野にアプローチしたほうがより早く確実に治癒に近づくのは明らかなことです。

もし、あなたの指に棘が刺ったらどうしますか?

棘を早く排除できるように免疫を上げるようにサプリメントを飲みますか?それとも催眠術を使って棘が刺さっている事実そのものが無いと暗示にかけますか?そんなことはナンセンスで本当の問題の解決にはなりません。

もっとも効果的で抜本的なセラピーは「毛抜きを使って棘そのものを抜く」ということは自明の理です。それが問題のある分野に直接的にアプローチする、ということです。

クライアントの抱えている問題の次元は十人十色です。クライアントの抱えている問題の分野に合ったセラピーを施さなければ、本当の意味での癒しや治癒の実現は難しいでしょう。

総合的(ホリスティック)な癒しを実現するために、ただ一つだけのセラピー技法にこだわっていては充分ではありません。

人は何か問題を抱えると、それを解決するために病院やセラピストのところに訪れます。しかし、上記のような理由で、その人がたまたま自分に必要だと考えて訪れたセラピストの技法が、その人にとって本当に有効で必要なのかは疑問があります。

腰が痛くてカイロプラティックに訪れた人に本当に必要なのは鍼灸師かも知れないし、サイコセラピストかも知れないし、あるいはかみ合わせ調整をする歯科医師かもしれないのです。また必要なセラピーは一種類だけでなく数種類を組み合わせる必要があるかも知れません。

ヨーロッパの自然療法(フィシオエナジェテック)を用いた場合、その人に必要なセラピーは「何と何でどのような順番で施術してゆけばよいか?」を、はっきりと示してくれます。まさに究極の癒しのナビゲーションシステムです。

当院で施す自然療法では、さまざまな分野のセラピー技法を組み合わせて行います。

解毒・デトックスに効力を発揮する療法

頭痛や腰痛や背骨の痛みや吐き気など様々な不定愁訴を検査してみると、アマルガム(歯のつめもの)などによる水銀中毒(化学物質)が原因になっていることがよく見受けられます。

様々な不定愁訴や原因不明の症状の大きな原因に、水銀やカドミューム、鉛などの重金属の影響が挙げられます。不定愁訴をもつ人のほとんどが、重金属をはじめとする体内に溜まってしまった毒素や老廃物の問題を抱えています。

フィシオエネジェテックを用いた自然療法セラピーでは、それらの問題をはっきりとあぶり出し、どのような方法と手順で体外に排泄させるか?デトックス(解毒)の手順を明白にした上で治療を進めてゆきます。

PAGE TOP