診療項目

歯科治療

ワイヤーが無くて軽い義歯、ミラクルデンチャー

 

ミラクルな義歯は歯茎にしっかり吸い付く

 
当院では「ミラクルデンチャー」を取り扱っております。ノンメタルの入れ歯です。

「ミラクルデンチャー」は、歯がほとんど無くなってしまったお年寄りにはもちろんのこと、
前歯や見えるところの歯を一本だけ失ってしまった方に
とっても強い味方となります。
 

今までの入れ歯の概念をくつがえす、まったく新しい発想から生まれた入れ歯です。

 
特殊な構造によって、ピタッと歯茎にはりつきます。

そのため金具でとめなくても落ちてこないのです。

軽くて小さくて見た目がスッキリしているのが特徴です。同時に、つけた感じも従来の入れ歯よりスッキリ快適です。

入れ歯の『床』の部分も薄いので、普通の入れ歯より目立ちません。
 

↓ ↓  ↓ ↓  ↓ ↓
http://mfit300.com/ohashi-dental/
 

ノンメタルの快適な入れ歯です

 
「ミラクルデンチャー」は、ノンクラスプデンチャー(金具がない)ミラクルな手法で着脱を行う、新しいタイプの入れ歯です。

保険外(自費)の入れ歯をみたことがありますか?上顎の部分が金属になった入れ歯です。

この金属の部分にあたる所がすっぽり無いのがミラクルデンチャーなのです!

上顎の部分には『何も無い』ので、つけていてとても爽快です。

ミラクルデンチャーは、総義歯にも、一本義歯にも、このような金属部分(上顎のところ)がありません。
 

ミラクルデンチャーの特徴まとめ

 

ピンク色の樹脂の部分「床」が小さい
しっかり歯茎に固定させるウィング部分が無い
歯茎への圧迫感が無い
つけているのを忘れてしまうほど違和感がない
金属バネが無く、上下左右の隣の歯を傷めにくい
ノンメタルなので金属アレルギーを起こさない

一本だけ歯がない場合、ブリッジにすることがあります。

すでに神経が無い歯だったり、すでに補綴物が被っている歯ならば、両隣の歯を小さく削ったり土台を入れたりして『ブリッジ』にすると良いでしょう。

ただ、両隣の歯が健全歯の場合は、削ってしまってブリッジにするのがもったいないです。(健全歯とは、虫歯になったことがない健康な歯のことです)

そんなとき、ミラクルデンチャーの「一本義歯」が活躍します。金属のクラスプがついてないので、入れ歯であることがバレにくいです。それに、床(ピンクの部分)が薄いので目立ちません。
 
 

PAGE TOP